These pages are written by only Japanese.

Welcom to My Diary.com
最新の日記タイトル一覧カテゴリ別タイトル一覧トップへ戻る〜

こんばんわ♪ 現在は8月9日(日)18時7分。 今日も残業なのでしょうか?


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5 (色々 Fixed)

先月 2009年01月 来月
01 02 03
04 05 06 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索です。
詳細は 詳細指定/ヘルプをご参照下さい。
検索式:

2009年01月22日(木)

Seagateショック、現状のまとめ

これは分かりやすい。
稼働中に突然死の報告もあるので、動いていても安心はできない
うーむ。早くデータ吸い出さないと… (焦
同社では、不具合の発生する製品の比率を「30%以上にのぼるもの」と推測している。
いろいろオワタ。

情報提供系twitterアカウント詰め合わせ

早速、幾つか登録。
でも、最近は Wassr ばかり使ってるので、Wassr にも欲しいな。

新宿発の小田急線に必ず座って帰宅する方法

ぁぁ、秘密がぁぁっっ。
ま、これらはみんな意識せずにやってる事だとは思いますが。

2009年01月26日(月)

[swfed] 透過 PNG の入れ替えに不具合

某方面から swfed を使った透過PNGの入れ替えで表示がおかしくなる不具合がある との指摘を頂きました。
確かに、携帯でフラッシュを開くと、半透明の(透明度が0でも255でもない)場所が、ネガ反転したように表示されてます。(IE で開くと問題なし)
今のところ分かっているのは以下の事だけです。
(1) 問題になった例は「PNGとしての背景色」が白で「透明ピクセルのRGB色」が黒
(2) 「PNGとしての背景色」「透明ピクセルのRGB色」「Flashの背景色」が
    一致していると問題ない
(3) Flash CS3 で PNG を張り付けると、内部に保存されるビットマップの
   「透明ピクセルのRGB色」が(元が黒だとしても)白になる。
はじめ (1) の例と、SWF フォーマット的に背景色設定ができない事から「背景色」をピクセルに混ぜる処理がいるのかなーと思っていましたが、(3) の動作からするとそう単純な話でもなさそうです。
研究、研究と…

2009年01月28日(水)

Ethna をインストールしてみた

↓こんなのがあるらしい。 試しに、自宅のサーバにインストール。
% ethna add-project -b=/var/www g
creating directory (/g) [y/n]: y
PHP Warning: mkdir(): Permission denied in <略>
うーむ。-b が prefix 指定だと思ったけど効かないなぁ…
% cd /var/www
% ethna add-project g
<いろいろ>
project skelton for [g] is successfully generated at [/var/www]
-b は見なかった事にしよう。

Smarty:

G[8344](WARNING): global.require_once(class/Renderer/Ethna_Renderer_Smarty.php:11):
[PHP] E_WARNING: require_once(Smarty/Smarty.class.php) [function.require-once]:
failed to open stream: そのようなファイルやディレクトリはありません in
/usr/share/pear/Ethna/class/Renderer/Ethna_Renderer_Smarty.php on line 11
Smarty 入れ忘れてました。(てへ
% tar xvfz  Smarty-2.6.21.tar.gz
# cp -r Smarty-2.6.21/libs /usr/share/pear/Smarty

hello, world!:

Index Page
hello, world!
…と表示されたけど、同時に大量のエラーが…
G[8345](WARNING): global.preg_match(/usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php:454):
[PHP] E_WARNING: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed:
repeated subpattern is too long at offset 18454
in /usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php on line 454
G[8345](ERR): Smarty._trigger_fatal_error(/usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php:2242):
[PHP] E_USER_ERROR: Smarty error: [in index.tpl line 5]:
syntax error: unrecognized tag: $config.url (Smarty_Compiler.class.php, line 455)
in /usr/share/pear/Smarty/Smarty.class.php on line 1092
G[8345](ERR): Smarty._trigger_fatal_error(/usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php:2242):
[PHP] E_USER_ERROR: Smarty error: [in index.tpl line 5]:
syntax error: unrecognized tag '' (Smarty_Compiler.class.php, line 599)
in /usr/share/pear/Smarty/Smarty.class.php on line 1092
G[8345](WARNING): global.preg_match(/usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php:454):
[PHP] E_WARNING: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed:
repeated subpattern is too long at offset 18454
in /usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php on line 454
G[8345](ERR): Smarty._trigger_fatal_error(/usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php:2242):
[PHP] E_USER_ERROR: Smarty error: [in index.tpl line 19]:
syntax error: unrecognized tag: $smarty.const.ETHNA_VERSION (Smarty_Compiler.class.php, line 455)
in /usr/share/pear/Smarty/Smarty.class.php on line 1092
G[8345](ERR): Smarty._trigger_fatal_error(/usr/share/pear/Smarty/Smarty_Compiler.class.php:2242):
[PHP] E_USER_ERROR: Smarty error: [in index.tpl line 19]:
syntax error: unrecognized tag '' (Smarty_Compiler.class.php, line 599)
in /usr/share/pear/Smarty/Smarty.class.php on line 1092

<project>-ini.php:

g-ini.php の url を設定したらエラーが出なくなりました。
    'url' => 'http://<秘密>.awm.jp/',
ふむ…
あと、細かい定義が沢山あるので書き加えていこっと。

ついでに:

いろいろ遊びたいものをインストール。
# yum install mysql-server mysql-devel
# yum install php-mysql php-pdo php-tidy
# yum install php-pear-DB
# yum install php-pear-HTTP-Request
# yum install php-pear-Mail php-pear-Mail-Mime
# yum install php-pear-Date php-pear-File
# yum install php-pecl-memcache
微妙に重複してる気もするけど、mysql, php のキーワードに 引っかかる package で入ってなかったものを全て入れてみた。闇鍋状態。

2009年01月29日(木)

swf_file_format_spec_v10.pdf を読んでみた

何気なく SWF の公式サイトを覗いてみたら、
SWF File Format Specification (Version 10)
何時の間にか *1 Version 10 が出てました。
 The SWF 10 specification expands text capabilities with support for
bidirectional text and complex scripts with the new DefineFont4 tag.
 The DefineBitsJPEG4 tag allows embedding JPEG images that have an alpha
channel for opacity and also a smoothing filter.
 SWF 10 also adds support for the free and open-source Speex voice codec and
for higher frequencies in the existing Nellymoser codec.
という事なので、拡張されたものを箇条書きにすると の3点になります。

DefineBitsJPEG4:

個人的に気になるのは、DefineBitsJPEG4 なので熟読しました。
DefineBitsJPEG3 の AlphaDataOffset(透明度データフィールドの場所) と ImageData(透明度を含まないRGBの画像データ)の間に DeblockParam (2byte) が入るのが DefineBitsJPEG4 です。
- DeblockParam 
- UI16
    Parameter to be fed into the deblocking filter.
  The parameter describes a relative strength of the deblocking filter
  from 0-100% expressed in a normalized 8.8 fixed point format.
を元に説明すると、DefineBitsJPEG3 は、
+---------------------------------------------------------------
| tag | length |    length    |  image_id | offset_to_alpha | ..
|  35 |  0x3f  |              |           |                 |
+---------------------------------------------------------------
<-- 2 bytes --> <-  4 bytes -> <-2 bytes-> <--  4 bytes -->
                               <--- length (最後まで)  ---
 ---+------------------------------+-------------------+
 .. | encoding_tables | image_data |   alpha(zlib圧縮) |
 ---+------------------------------+-------------------+
     <--    offse_to_alpha      --> <-contents 残り全部->
で、DefineBitsJPEG4 は、
+---------------------------------------------------------------
| tag | length |    length    |  image_id | offset_to_alpha | ..
|  35 |  0x3f  |              |           |                 |
+---------------------------------------------------------------
<-- 2 bytes --> <-  4 bytes -> <-2 bytes-> <--  4 bytes -->
                               <--- length (最後まで)  ---
 ---+-------------+-----------------+------------+-------------------+
 .. |deblock_param| encoding_tables | image_data |   alpha(zlib圧縮) |
 ---+-------------+-----------------+------------+-------------------+
     <- 2 bytes ->                               <-contents 残り全部->
     <------------ offset_to_alpha ------------->
となります。 Wiki に早速追記 ↓ deblock_param は deblocking filter の値で、デブロッキングフィルタは、 ブロックノイズの発生を抑えるのに H.264 で使われている技術だそうです。
さらに、「デブロッキング・フィルタ」は、圧縮によって歪んでしまった画像の
見栄えを向上させます。デジタル圧縮の際に画像をブロックごとに区切って扱うと、
ブロックごとに色や輝度が違ってしまうために、人間の目には、機械が区切った
ブロックが判別できてしまいます。これは俗にブロックノイズと呼ばれるのですが、
デブロッキング・フィルタでは、隣り合った2つのブロックが自然につながるように
画像を調整します。この仕組みによって、高い圧縮率で縮めたデータでも鑑賞できる
画像を作り出せるのです。
なるほど。概要は理解。
自分はフラッシュプレイヤーを作るわけではないので、 とりあえず今回増えた値の意味が分かればいいって事にしておきます。

もっと細かい差分:

結構色々と、機能や仕様が fix されてます。

*1: 実は去年の11月に出てたので浦島すぎるのですが、自分が気づいたのは今日なので… アンテナ低w
*2: 具体的には、ヘブライ語、アラビア語みたいに文字を左方向に読むのとか、 タイ語みたいに色んな方向に続く文字まで表現できます。
*3: フリーのボイス向け音声コーデック

これで、4 日分だよ〜。

タイトル一覧
カテゴリ分類
Database
JXTA
Java
XML
awm
bookmark
keyword
memo
news
research
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project